×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 芸能・芸術系

画家の仕事の内容

画家

 日本画や洋画を描き、人々の感性や感情を刺激する職業。芸術家の一つであり、独創的な発想やセンス、表現技法が求められる。現状、画家として成功を収めるのは非常に難しく、何年にもわたって努力することや、チャンスをつかむ運も必要な職業だ。

画家の仕事の内容

日本画と洋画では描く手法が異なる

 人間の創造力の結晶である芸術作品は、人々に感動や安らぎ、あるいは新たな発見や豊かな気持ちを与えてくれる。画家は、そうした芸術作品としての絵画を創作している。
 絵画は普通、日本画と洋画に大別される。日本画は日本の伝統的な絵画で、顔料をにかわで溶いて紙や絹布に描く。中国から伝来した水墨画も日本画に含まれる。一方、洋画は、油絵の具などを使ってキャンバスに描く。
 画家にとって大切なのは、自然とわき上がってくる創造への意欲と、創作テーマのあくなき追究だ。何度も構想を練り直し描き直して追究を重ねる姿勢の中から、傑作が生み出されるのだ。

 画家は絵を通して表現することが仕事だ。創作した絵は画商や百貨店を通して販売される。そのほか、創作した絵を集めて展示会を開催したり、コンクールの入賞を目標に創作活動を行ったりすることもある。
 ただし、プロの画家として、絵を描くことだけで生計を立てられる人はひと握りの人だけだ。多くの画家は、アルバイトなど副業で収入を得ながら、創作活動に勤しんでいる。

この職業になれる専門学校を探す