×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 芸能・芸術系

画家になるには

画家

 日本画や洋画を描き、人々の感性や感情を刺激する職業。芸術家の一つであり、独創的な発想やセンス、表現技法が求められる。現状、画家として成功を収めるのは非常に難しく、何年にもわたって努力することや、チャンスをつかむ運も必要な職業だ。

画家になるには

公募展入選が画壇デビューの出発点

 画家になるのに必要な資格はなく、学歴も関係ない実力の世界だ。独学で一流の画家になった人もいるし、有名な画家に弟子入りして絵画を学ぶ人もいる。
 しかし一般的には、基礎をきちんと学べる大学や短大の芸術系学部・学科や、美術専門学校へ進学して勉強する人が多いようだ。現在、第一線で活躍している画家の多くは、これらの学校の卒業生だ。
 絵画の基礎を学んだあとは、作品を公募展に応募して入選することが画家としての出発点となる。日本の院展、二科展、日展などのほか、海外の公募展に出品する人も多くいる。そうして何度も入選を繰り返し、美術団体の会員資格を得ると、仕事も徐々に入るようになる。

画家 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す