×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

歯科衛生士の仕事の内容

歯科衛生士

 歯科医師の治療を補佐する職業。「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つが大きな役割とされており、治療をサポートするだけでなく、患者に対して正しい歯磨きの仕方を指導するなど、病気の予防・健康維持にも貢献できる職業だ。

歯科衛生士の仕事の内容

歯の保健指導や予防処置を行う

 医師の診療を看護師が補佐するのと同様、歯科医師の治療を補佐する「歯科医院の看護師」が、歯科衛生士だ。
 歯科衛生士は、歯科医師の指示によって歯石を除去したり、フッ素化合物を塗ったりして、虫歯や歯周病などの予防処置を行う。患者に歯の磨き方を指導するなど、歯の健康指導も歯科衛生士の大事な仕事だ。
 また、歯科医師が治療しているときは、患者の横で、器具の受け渡しなど歯科医師の補助をしながら、患者の状態に気を配る。治療器具の洗浄や薬の管理、治療後の後始末などもする。
 なお、現在のところ歯科衛生士の大半が女性だ。

 上記の3つの役割を、それぞれ「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」と呼び、歯科衛生士の代表的な業務とすることが多い。
 ほとんどの歯科衛生士は診療所(歯科クリニック)で働いているが、病院で働いている人もある程度いる。また割合としては少ないものの、その2つの医療機関とは別に、市区町村、介護施設、保健所で働く人も一定数存在する。
 介護施設では、老人ホームをはじめとした入居型の施設で、入居している利用者の口腔ケアを担当する。食事の様子に不自然なところがないか、口の中に傷や汚れがないか、専門的な立場からチェックしている。もちろん、歯科医師の治療の手伝いを行うこともある。
 保健所では、地域住民の歯の健康を守るための業務として、歯科検診やむし歯予防教室、歯科相談室などを実施している。クリニックや病院で働く場合よりも、指導者としての役割が強いことが特徴だ。ただし、求人の数はあまり多くない。

歯科衛生士に必要な資格が取得できる大学を検索

歯科衛生士に必要な資格が取得できる専門学校を検索