×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

歯科衛生士になるには

歯科衛生士

 歯科医師の治療を補佐する職業。「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つが大きな役割とされており、治療をサポートするだけでなく、患者に対して正しい歯磨きの仕方を指導するなど、病気の予防・健康維持にも貢献できる職業だ。

歯科衛生士になるには

国家試験の合格率は9割を超える

 歯科衛生士になるには、厚生労働省が実施している歯科衛生士国家試験に合格しなければならない。
 受験資格は、大学の歯学部口腔保健学科、短大の歯科衛生学科、専門学校などの養成施設を卒業すると得ることができる。
 国家試験の試験科目は、人体(歯・口腔を除く)の構造と機能、歯・口腔の構造と機能、疾病の成り立ち及び回復過程の促進、歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み、歯科衛生士概論、臨床歯科医学、歯科予防処置論、歯科保健指導論及び歯科診療補助論である。
 国家試験の合格率は例年95%前後と高いので、養成課程を卒業すれば、ほぼ確実に資格を取ることができるだろう。

歯科衛生士 なるためチャート

歯科衛生士に必要な資格が取得できる大学を検索

歯科衛生士に必要な資格が取得できる専門学校を検索