×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

歯科衛生士の資格

歯科衛生士

 歯科医師の治療を補佐する職業。「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つが大きな役割とされており、治療をサポートするだけでなく、患者に対して正しい歯磨きの仕方を指導するなど、病気の予防・健康維持にも貢献できる職業だ。

歯科衛生士の資格

必須資格 … 歯科衛生士

 歯科衛生士として働くには、「歯科衛生士国家試験」に合格することが必要だ。国家試験の受験資格は、専門学校や大学などの養成施設を卒業することが得られる。試験では歯・口腔の構造と機能、歯科衛生士概論、歯科予防処置論など、さまざまな試験科目が課されることになる。
 2019年3月に実施された国家試験では、受験者数7207人のうち6934人が合格。合格率は96.2%と高い水準となった。ほかの国家試験に比べても高い合格率だが、だからといって簡単な試験だとは言えない。上にあるようにさまざまな試験科目が課されるため、学校でしっかりと勉強しておくことが重要になる。

関連する職業

医師/歯科医師/看護師/保健師/薬剤師/理学療法士/臨床検査技師/診療放射線技師/作業療法士/細胞検査士/言語聴覚士/視能訓練士/はり師・きゅう師/音楽療法士臨床工学技士/歯科技工士/薬品メーカー勤務/義肢装具士/柔道整復師/あん摩マッサージ指圧師/診療情報管理士

 歯科衛生士に関連した職業は、医療・看護系の職業から見つけることができる。中でも、歯科医師や歯科技工士は、直接的な関わりの深い職業だ。それぞれの職業がどのような役割を持っていて、どのような点が違うのか、比べてみてもいいだろう。また、病気の予防や教育に力を入れるという点では、保健師も大きな共通点を持っている。気になる職業があれば、ぜひチェックしておこう。

歯科衛生士に必要な資格が取得できる大学を検索

歯科衛生士に必要な資格が取得できる専門学校を検索