航空整備士の仕事の内容

航空整備士

航空整備士の仕事の内容

空の安全を守るため航空機の点検、保守を担当

 精密な航空機の部品は、心臓部にあたるエンジンをはじめ、どれも安全な飛行には欠かせない。航空整備士の仕事は、各航空会社が設けているチェックリストを基に、機体を構成する膨大な数の部品が正常に機能するかどうかを点検、保守するという重い責任を伴うものだ。
 航空整備士が行う作業としては、まず、運航整備がある。これは、フライト前に必ず行う航空機の点検作業で、国家資格を持った航空整備士が最終的にOKを出さない限り、飛行機は運航することができない。そのほか、夜間に行われる定期整備や、一定の飛行時間を超えた飛行機を点検する機体重整備がある。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る