航空整備士になるには

航空整備士

航空整備士になるには

国家試験を受けるには整備経験が必要

 資格の種類には一等航空整備士、二等航空整備士、一等航空運航整備士、二等航空運航整備士、航空工場整備士の五つがある。
 国家試験受験にはいずれも整備経験が必要なので、大学の理工系の学部や短大、高専、専門学校などを卒業後、航空会社や航空整備会社に就職し、一定の整備経験を積んでから受験するのが一般的だ。
 航空整備士と航空運航整備士の違いは、航空整備士が整備業務全般を行えるのに対し、航空運航整備士は整備業務を行える範囲が限られている点である。一方、航空工場整備士は機体各部について専門的な整備を行っている。

航空整備士 なるためチャート

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る