航空整備士の将来展望

航空整備士

航空整備士の将来性

新しい技術に対応できる人材に期待

 最近は航空機の部品が増え、精密化しているので、X線を使って見えない部分のひび割れを検出するなど、新しい技術の導入が盛んに行われている。今後はそういった新技術にいち早く対応できる人材が求められていくだろう。
 航空機の製造にあたっては、メーカーだけでなく、ユーザーである航空会社の整備担当者も参加して開発に当たることがあるため、ますます航空整備士の重要性は増してくるだろう。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る