×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 運輸系

航空管制官

航空管制官

航空管制官になるには

航空管制官採用試験を受験

 航空管制官になるには、航空管制官採用試験を受けることから始まる。試験は受験する年の4月1日時点で21歳以上30歳未満であるか、または21歳未満で、大学、短大、高等専門学校などの卒業者か卒業見込み者であれば受験ができる。また、視力、聴力等に一定の条件がある。試験内容は、一般教養や英語の筆記試験、英会話、ヒアリングなど。合格率は約7〜10%と低い。
 合格者は、国家公務員として任用され、航空保安大学校で8か月間の研修を受ける。その後、各地の空港や航空交通管制部に配属され、実地訓練を受けたのち、技能証明を受けて管制業務に就くことになる。

航空管制官 なるためチャート

続きを読む

航空管制官の仕事の内容

レーダーや無線を使って航空機を誘導

 航空機が安全に飛行できるように、レーダーや無線電話などを使って、地上から操縦士に情報や指示を送っているのが、航空管制官だ。飛行場内の航空機、滑走路、車両などを監視し、航空機に離着陸の許可や方法を指示…

続きを読む

航空管制官の働き方と生活

交代制で夜勤や早朝・深夜の勤務もある

 勤務時間帯は、グループに分かれてローテーションを組み、交代制を採用しているところが多いようだ。
 国際空港や航空交通管制部に勤める場合は、24時間体制となるため早朝や深夜の勤務もある。また、…

続きを読む

航空管制官に向いている人・適性

的確な判断力と責任感

 航空機の管制業務は少しのミスも許されないので、まず的確な判断力と、プレッシャーに負けない強じんな精神力、そして責任感がある人に適している。また、最先端の通信機器などを操作する必要があるので、機械に強…

続きを読む

航空管制官の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格 …  月収 約19万円(採用当初に支払われる給与・2017年)

続きを読む

航空管制官の将来性

空の交通過密化で重要性が増す

 航空機の利用者が増え、新空港の建設や路線の拡張が進められてきたことにより、一部の地域では空の交通が過密化しつつある。ただ利用者数は景気の状況によって左右されるため、増減があることも考えられる。しかし…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す