不動産鑑定士の仕事の内容

不動産鑑定士

 土地や建物といった不動産を鑑定し、適正な金額を出す職業。不動産取引を成り立たせるうえで、なくてはならない職業だ。また、単に不動産の鑑定を行うだけではなく、法律に関する相談に対応するなど、コンサルティングまで行う人も多い。

不動産鑑定士の仕事の内容

コンサルタント的な仕事にも進出

 土地や家屋などの不動産には、野菜や魚などのように価格を決める取引所がない。そこで、取引所の代わりに不動産を鑑定し、適正な評価額を出す専門家が必要になる。不動産鑑定士は、こうした業務のスペシャリストだ。
 不動産取引の鑑定評価以外に、金融機関から融資を受けるための担保物件の鑑定評価、国有財産や公共用地などを取得または処分する場合の鑑定評価、相続税などの課税対象としての不動産価格の評価、公示価格の評価、民事訴訟への関与など広範囲に活躍する。また、土地の有効利用や土地にかかわる税金、法律の相談にも応じるなど、コンサルタント的な仕事も行う。

 不動産鑑定士が評価するものは、名前の通り不動産であり、ビル、家、土地、山などだ。土地であればどんな場所にあるか、どのくらいの広さがあるか、ビルであれば大きさや構造、それに付属する建物や用途も評価の対象になる。意外なところでは、ビルの上空(空中権)や地下も評価対象となり価格が発生する。このようにして不動産鑑定士が土地や建物を評価することで、不動産の売買や相続を円滑に行うことができるようになっている。
 実際に不動産を評価する際は、まずさまざまな角度から不動産の資料を集める。例えば役所にある公的資料を取り寄せたり、現地に行って写真を撮ったり、不動産業者に話を聞いたりと、事務所の外に出て資料集めに走ることも珍しくない。そのうえで、過去の取引例、不動産市場の状況も考慮しつつ、最終的な土地の評価を計算する。その後は書類をつくって依頼者に説明を行い、また新しい依頼に取り組む。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る