行政書士の将来展望

行政書士

 行政書士は、官公署に提出する書類の作成を行う職業。法律の知識が必要な書類作成を、一般の人に代わって行う身近な法律関係の仕事だ。また、その豊富な法律知識を生かして、近年は企業経営などのコンサルタントを行うことも多くなっている。

行政書士の将来性

ほかの資格を取得すれば業務の幅が広がる

 最近では、官公署に提出する書類は簡素化される傾向にあり、新たに行政書士として独立開業するのは易しくないと言える。そのため今後は、関連の深いほかの資格を取得したり、ほかの業務分野と積極的に提携するなどして、時代に合った総合的な営業姿勢を打ち出していく必要があるだろう。 

 特に、関連の深い資格の取得は有効だ。行政書士には業務内容が近しい資格・職業が多く、仕事の幅を広げやすい。キャリアを高めていくうえで、継続して勉強していくことは必須だろう。
 また技術発達にともない、多くの職業がAIやロボットに取って代わられると言われており、行政書士をはじめとする「士業」は特にその可能性が高いと言われている。こうした背景もあって、なおさら業務の幅を広げていくことが大切になると考えられる。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る