行政書士の年収・給与・収入

行政書士

 行政書士は、官公署に提出する書類の作成を行う職業。法律の知識が必要な書類作成を、一般の人に代わって行う身近な法律関係の仕事だ。また、その豊富な法律知識を生かして、近年は企業経営などのコンサルタントを行うことも多くなっている。

行政書士の年収・給与・収入

収入

経験や能力により異なる

(行政書士の給与は人によって千差万別であり、経験や能力によって大きく異なる。職場によっても異なるが、例えば事務所に採用されたばかりの頃であれば、一般企業同様に月収20万程度からスタートすることになる。一方で、独立開業を果たし、営業活動にも成功していればより高い収入が得られるだろう。逆に、独立開業しても営業活動がうまくいかず、依頼者を得られないようであれば厳しい生活を送ることになる。
 収入を高めるために、行政書士以外の関連資格を得て仕事の幅を広げる人もいる。特に司法書士や宅地建物取引士との兼業は人気だ。そのほかにも行政書士の業務に関連している資格は多く、努力さえすればチャンスをつかみやすい職業だと言えるだろう。)

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る