行政書士の働き方と生活

行政書士

 行政書士は、官公署に提出する書類の作成を行う職業。法律の知識が必要な書類作成を、一般の人に代わって行う身近な法律関係の仕事だ。また、その豊富な法律知識を生かして、近年は企業経営などのコンサルタントを行うことも多くなっている。

行政書士の働き方と生活

行政書士事務所などに勤めるか独立開業が一般的

 資格取得後は、行政書士事務所や企業に勤めるか、独立開業するのが一般的だ。事務所は業務の特性上、都道府県庁など官公署周辺に多い。
 営業時間は、書類の作成代行という仕事柄、官公署に合わせて9時から5時までという事務所が多いようだ。仕事の量は時期や季節などに左右されないが、業務の獲得には実力と努力が必要だ。

 事務所に勤める、もしくは開業する場合、事務所ごとの仕事量にもよるものの、極端に残業が多い仕事ではない。ただし、依頼者の要望や締め切りに合わせるために残業するなど、柔軟な対応が求められる場合ももちろんある。開業した場合、自分の裁量で仕事量を決められるようになるので、働き方の自由度はやや高まる。
 企業に勤める場合、あくまで行政書士の有資格者として働くのであり、行政書士として働くわけではない。主に法務部や総務部などで、事業に関わる書類作成や手続きに携わることが多い。事務所に勤める場合と違って、勤務時間や残業時間は勤める企業によってまちまちだ。企業内のコンプライアンス(法令遵守)を強く意識している企業であれば、その分仕事量も多く、特に繁忙期は残業時間が長引くこともあるだろう。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る