家庭裁判所調査官(補)の働き方と生活

家庭裁判所調査官(補)

家庭裁判所調査官(補)の働き方と生活

審判への出席、出張など勤務は多忙

 採用後は、裁判所職員総合研修所で2年間研修を受け、修了後、各地の家庭裁判所に配属される。数年ごとに転勤を繰り返し、全国の家庭裁判所の本庁や主な支部の仕事を経験する。
 勤務は、直接関係者の話を聞く必要があるため出張も多く、そのほか審判への出席、裁判官との打ち合わせ、報告書の作成など多忙だ。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る