×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

キャビンアテンダントの仕事の内容

キャビンアテンダント

 航空機の中で乗客に食事や飲み物をサービスしたり、急病などのトラブルに対処したりする職業。乗客が安全かつ快適にフライトを楽しめるよう、おもてなしをすることが仕事だ。航空業界の花形職業として根強い人気を誇っている。

キャビンアテンダントの仕事の内容

飛行機内での乗客サービスを一手に担う

 キャビンアテンダントは華やかなイメージがあり、憧れる人も多いが、実際は大変ハードで責任の重い仕事だ。
 その仕事内容は多岐に渡る。まず乗客を機内で出迎え、離陸前には離着陸の際の注意や非常時の脱出の手順などを説明する。そして、食事や飲み物、新聞、雑誌、毛布などをサービスし、フライト中は絶えず乗客に気を配る。また、急病人や気象状況の悪化によるトラブルなどに際して、機敏に対処するのも大切な役割だ。
 そして、やむを得ず緊急着陸などをする場合には、乗客がパニックに陥らないよう、冷静に誘導しなければならない。

 キャビンアテンダントの仕事の流れは次の通りだ。出社後、搭乗する前にパイロットやほかのキャビンアテンダントと一緒に打ち合わせを行う。登場するメンバーはいつも同じわけではなく、フライトごとに変わる。初対面の同僚とも力を合わせてサービスを提供しなければならないので、協調性が求められる。
 目的地や天候、注意事項を確認したら移動して、機内の安全確認へ。乗客が搭乗し始めたら、出迎えと航空券のチェックをする。離陸後は、食事のサービスや免税品の販売など、乗客が快適に過ごせるようさまざまな世話をする。着陸後は再び打ち合わせを行い、反省点を確認し合って解散。国内線・国際線ともに、出発地の空港で業務が終わるわけではなく、現地に宿泊することも多い。
 このように、キャビンアテンダントの仕事は接客だけではなく、よりよいフライトをめざしてさまざまな業務を行っている。また、特に離陸してからは、着陸するまでほぼ立ちっぱなし。体力が求められる仕事でもあるのだ。

この職業になれる専門学校を探す