×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

キャビンアテンダントの将来展望

キャビンアテンダント

 航空機の中で乗客に食事や飲み物をサービスしたり、急病などのトラブルに対処したりする職業。乗客が安全かつ快適にフライトを楽しめるよう、おもてなしをすることが仕事だ。航空業界の花形職業として根強い人気を誇っている。

キャビンアテンダントの将来性

サービス競争激化により
多様な能力が求められている

 近年、ローコストの航空会社が増えていることから、航空会社のサービス競争は激しさを増しており、乗客へのサービスを一手に担うキャビンアテンダントの果たす役割はより大きくなっている。
 今後は、このサービス競争の激化に対応できるだけの多様な能力が求められるだろう。

 ローコストの航空会社が増えたことや、訪日外国人の増加による国際線拡大の影響を受けて、キャビンアテンダントの需要は増えつつある。そのため“狭き門”と言われた過去と比べて、今は採用の機会が広がっている。また、男性の採用に力を入れる企業も出始めている。華やかな女性の職業だと思われがちだが、今後はより多くの人に開かれた職業になっていくかもしれない。
 特に、訪日外国人の増加は航空業界だけでなく、さまざまな業界に影響を与えているトピックだ。日本人に限らず、さまざまな国籍の人が航空機を利用することになっていくと予想されるため、語学に堪能なことはもちろん、外国の文化や習慣に配慮できることが、キャビンアテンダントとして活躍していくための大切な資質になるだろう。

この職業になれる専門学校を探す