×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 金融系

公認会計士になるには

公認会計士

 公認会計士は、企業の会計が適切に行われているか監査を行う仕事。社会の透明性を保つうえで欠かせない仕事であり、公正な人物でないと務まらない。また、企業や個人の税金を扱うこと、経営のアドバイスを行うことも公認会計士の仕事だ。

公認会計士になるには

試験はだれでも受験できるがかなりの難関

 公認会計士になるには、公認会計士試験合格が必須となる。試験は基本的にだれでも受験できるが、会計学や企業法などに関する高度な内容なので、経済学系、経営学・商学系学部への進学が有利だ。会計の専門学校からめざす人はもちろん、大学と専門学校のダブルスクールで学ぶ人もいる。大学によっては、学内でダブルスクールを行うところもある。
 試験は短答式と論文式があり、短答式試験は年2回(いずれかの試験に合格すれば論文式試験を受けられる)、論文式試験は年1回行われる。近年の公認会計士試験の合格率は約10%とかなりの難関である。
 また、簿記を学んで基礎を修得してから公認会計士の勉強を始める人も多い。

公認会計士 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す