TVディレクター、プロデューサーの収入、資格

TVディレクター、プロデューサー

 TVディレクターはテレビ番組の制作を指揮する職業。番組の企画や収録に必要な手配を行い、カメラマンや照明など、さまざまな技術者に指示を出す立場にある。プロデューサーはそのディレクターを監督し、制作予算の獲得をはじめ、資金や出演者の管理を行う職業だ。

TVディレクター、プロデューサーの年収・給与・収入

収入

初任給 約25万円(民法キー局の場合)

(民放キー局に採用された場合の初任給は、企業によって多少前後するものの、25万円程度となっている。固定残業代を含んだ金額で、このほか年に数回のボーナス、超過分の残業手当、介護手当などが支給される。一般企業での給与としては、恵まれているほうだと言える。ただし、その分採用も狭き門になるので注意が必要だ。
 一方、制作会社の初任給は、こちらも企業によって差があるものの、21~24万円程度となっている。基本給と固定残業代を足した金額で、追加の残業代が出ない場合もある。会社の規模が異なり、かつテレビ局から仕事を得る立場なので、待遇面ではどうしてもキー局のディレクターと差が出てしまうようだ。
 ただし、制作会社のディレクターは、テレビ局のディレクター以上に番組制作に深く関わる。一から十まで、テレビ番組の制作に携わりたいと思うなら、制作会社への就職も十分選択肢に入るだろう。)

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る