TVディレクター、プロデューサーにふさわしい人

TVディレクター、プロデューサー

 TVディレクターはテレビ番組の制作を指揮する職業。番組の企画や収録に必要な手配を行い、カメラマンや照明など、さまざまな技術者に指示を出す立場にある。プロデューサーはそのディレクターを監督し、制作予算の獲得をはじめ、資金や出演者の管理を行う職業だ。

TVディレクター、プロデューサーにふさわしい人・適性

感性やリーダーシップなど求められる資質は多い

 TVディレクターやプロデューサーには、さまざまな分野から情報や素材を得て、オリジナリティーのある番組をつくらなければならない。そのためには、好奇心が旺盛で何にでも興味を持てること、文化、芸術、科学、社会について幅広い知識を持っていることが重要だ。また、視聴者が求めるものは時代によって変わっていく。以前は楽しまれていた演出も、時が経つと非難の的になったり、飽きられたりしてしまうことがある。時代を鋭く捉える感覚を持って、その時々にあった視聴者の需要を満たすことが求められるだろう。
 また、多くのスタッフやキャストに指示を出したり、広告代理店やスポンサーと交渉したりするには、リーダーシップや説得力、経営感覚が必要になる。特にディレクターの場合、やらなければならない仕事がたくさんあるので、人に支えてもらうことも大切だ。
 また多くの場合、ディレクターやプロデューサーになるまでに、アシスタントディレクターとして経験を積まなければならないことがほとんどだ。激務かつ、何年も下積み時代を過ごすことになるので、忍耐力がある人や、テレビが本当に好きで制作を楽しめる人でないと、なかなか続けていくのは難しいだろう。

この職業になれる専門学校を探す