TVディレクター、プロデューサーの資格

TVディレクター、プロデューサー

 TVディレクターはテレビ番組の制作を指揮する職業。番組の企画や収録に必要な手配を行い、カメラマンや照明など、さまざまな技術者に指示を出す立場にある。プロデューサーはそのディレクターを監督し、制作予算の獲得をはじめ、資金や出演者の管理を行う職業だ。

TVディレクター、プロデューサーの資格

必須資格 … なし

 ディレクターやプロデューサーになるために必要な資格はなく、文系・理系にかかわらず、誰でもめざすことが可能だ。ただし、テレビ番組の制作には、幅広い視野と豊かな教養を持っていた方が有利。また、テレビ局のディレクター、プロデューサーをめざす場合、大学卒業が採用の条件になっていることもあるため、可能であれば大学に進学しておいたほうがいいだろう。
 また、テレビ局や制作会社に入社した場合、まずはアシスタントディレクターとして下積みを経験しなければならない。ディレクターやプロデューサーに昇格するには長い時間が必要だ。激務でよく知られる職業でもあるため、自分がやっていけそうか事前によく考えることも必要だろう。

関連する職業

アナウンサー、キャスター/放送記者/レポーター/放送技術者/新聞記者/編集者/雑誌ライター/シナリオライター/コピーライター/音響エンジニア/ビデオディレクター、AVデザイナー/翻訳家/通訳

 TVディレクター、プロデューサーに関連した職業は、マスコミ系の職業の中から見つけることができる。このうち、番組制作に編集やカメラマンとして関わる放送技術者は、特に関係が深い職業だ。どのようなメディアに、どのような立場から関わりたいかを考えると、自分に合った職業や進路を考えやすくなるだろう。

この職業になれる専門学校を探す