TVディレクター、プロデューサーになるには

TVディレクター、プロデューサー

 TVディレクターはテレビ番組の制作を指揮する職業。番組の企画や収録に必要な手配を行い、カメラマンや照明など、さまざまな技術者に指示を出す立場にある。プロデューサーはそのディレクターを監督し、制作予算の獲得をはじめ、資金や出演者の管理を行う職業だ。

TVディレクター、プロデューサーになるには

テレビ局やプロダクションへの入社が第一歩

 まず、テレビ局や番組制作プロダクションの採用試験に合格することが必要だ。
 プロデューサーとディレクターは、一般職(総合職)で入社して制作に配属される場合と、制作職として入社する場合がある。現在、テレビ番組の多くは制作プロダクションがかかわっており、最初から番組の制作に携わりたいのなら、プロダクションをめざす道もある。
 テレビ局では、採用はほとんどの場合、大卒者が条件だが、特に有利な学部・学科はないようである。一方、プロダクションでは、短大や専門学校卒者に門戸を開いているところもある。
 入社後はアシスタントからスタートし、ディレクターやプロデューサーに昇格するのが一般的である。

TVディレクター、プロデューサー なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す