TVディレクター、プロデューサーの仕事の内容

TVディレクター、プロデューサー

 TVディレクターはテレビ番組の制作を指揮する職業。番組の企画や収録に必要な手配を行い、カメラマンや照明など、さまざまな技術者に指示を出す立場にある。プロデューサーはそのディレクターを監督し、制作予算の獲得をはじめ、資金や出演者の管理を行う職業だ。

TVディレクター、プロデューサーの仕事の内容

テレビ番組の成功のかぎを握る

 TVディレクターは、チーフディレクターを中心に、具体的な番組作りを進めていく指揮官の役割を担っている。番組の企画、出演者との交渉、台本作り、演出などを行い、照明、音声、美術など、多くの制作スタッフを指揮する。
 一方、プロデューサーは、ディレクターを監督する立場にある、テレビ番組制作の統括的な責任者である。企画の立案や制作予算の設定・管理、スポンサーや出演者との交渉など、番組制作の資金面、管理面のすべての権限を握っている。
 このように、番組が成功するかどうかはディレクターとプロデューサーの腕にかかっていると言っても過言ではない。

 ディレクターの仕事は番組制作のほぼ大部分と重なっている。まず、番組の企画内容を決め、制作のための情報収集を行う。ロケ地の確保、宿泊先や弁当の手配を行い、撮影に備える。ロケや取材にも同行し、撮影後の編集作業にも携わっている。こうした作業のうち、どの程度をディレクターが行うのかは制作会社によって違い、各スタッフに指示を出すだけのこともあれば、自分で手がけることもある。
 TVディレクターは、通常アシスタントディレクターと一緒に仕事を行う。アシスタントディレクターはいわば部下であり、将来のディレクター候補。アシスタントディレクターとして何年かの経験を積んでから、ディレクターとして働けるようになる。アシスタントディレクターのうちは、ディレクターの手が回らない撮影場所の手配や編集作業などを手助けして、仕事の流れを学ぶことになる。

この職業になれる専門学校を探す