×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 マスコミ系

通訳の仕事の内容

通訳

 異なる言語を話す人の間に入り、言葉の橋渡しを行う職業。政治、国際会議、テレビ番組など、さまざまな場所で活躍している。高い語学力と技術力が求められる職業であり、専門的な教育を受けている人がほとんど。

通訳の仕事の内容

同時通訳と逐次通訳とがある

 通訳は、日本人と外国人の言葉の橋渡しをする仕事だ。政治・経済交渉、国際会議、講演会、外国でのスポーツ大会や海外視察団への随行、テレビのインタビュー番組など、さまざまな場面で活躍する。外国語が話せるだけでなく、両国の社会、文化、歴史などを理解する必要がある。
 通訳の方法には同時通訳と逐次通訳がある。大規模な国際大会や会議では同時通訳、小規模な講演会や会合、商談などでは逐次通訳が多い。
 同時通訳は、長時間だと疲労が激しいので、3〜4人でチームを組み、15〜30分間隔で交替しながら進行する。逐次通訳は1人で行うことが多いが、3時間以上になると交替するのが普通だ。

 そのほかに、ウィスパリングと呼ばれる方法もある。聞き手が少数の場合に、聞き手の近くでささやくように行う同時通訳の一種だ。同時通訳と同じく大変に疲れる方法なので、15分程度で交替しながら進行する。
 通訳者は企業に所属する社内通訳者と、通訳エージェントに登録して依頼を受けるフリー通訳者に分けられる。どちらの場合も、通訳のための準備も大切な仕事になる。特にフリーで働く場合、仕事のたびに違う場所で、違う内容の通訳を行わなければならない。例えば講演会の通訳をするのであれば、あらかじめ講演テーマについて学び、頻出するであろう単語を勉強しておくことが欠かせない。場合によっては、事前に関係者と打ち合わせを行うこともあるようだ。

この職業になれる専門学校を探す