×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 芸能・芸術系

マンガ家の将来展望

マンガ家

 その名の通り、マンガのストーリーを考えたり、絵を描いたりする職業。マンガ雑誌に掲載するマンガを描く人もいれば、一般誌や参考書の解説マンガを描く人など、さまざまなマンガ家がいる。デビューするまではアシスタントとして働く人も多い。

マンガ家の将来性

世界にファンを増やす日本のマンガ

 日本は自他共に認めるマンガ大国で、子どもだけでなく大人もマンガを楽しんでいる。アジア諸国やヨーロッパ、アメリカなど海外でも、日本の人気マンガが翻訳・出版され、それらを原作としたアニメ映画などの人気も高まっており、今後も市場が拡大すると予測される。
 また、マンガの人気キャラクターの商品価値はかなり大きく、ゲームやさまざまなグッズに利用されており、その経済効果が期待されている。

 マンガが掲載される媒体は、これまで週刊誌や月刊誌などの雑誌が中心だったが、近年はWebサイトやアプリでの配信も増えてきている。また、そうしたメディアでは頻繁に新人漫画家を募集しており、コンクールなども活発に行われている。以前に比べて、メディアが増えた分、マンガ家になるチャンスも高まっていると言えよう。ブログや掲載サイトを通じて、個人でマンガを発表することも容易になっている。
 ただし、デビューできる人が限られているのはやはり変わらない。そのうえ、専業のマンガ家として生活していける人もごく一部だ。マンガ家をめざすのであれば、根気を持って作品に向き合い続けることが欠かせないだろう。

この職業になれる専門学校を探す