マンガ家になるには

マンガ家

 その名の通り、マンガのストーリーを考えたり、絵を描いたりする職業。マンガ雑誌に掲載するマンガを描く人もいれば、一般誌や参考書の解説マンガを描く人など、さまざまなマンガ家がいる。デビューするまではアシスタントとして働く人も多い。

マンガ家になるには

新人賞をねらうか出版社へ持ち込むか

 マンガ家になるための一般的な方法は、各マンガ雑誌で募集している新人賞に入選することだ。新人賞を受賞すればその雑誌に作品が載るチャンスがあるし、その後もバックアップしてもらえる。たとえ入選できなくても、将来性があると判断されれば、編集者がついてデビューまでの面倒を見てくれることもある。また、自分の作品を出版社に持ち込み、編集者に見てもらうという方法もある。編集者とのつながりができれば、その後も持ち込みやすく、アドバイスを受けることもできる。
 そのほかには、売れっ子マンガ家のアシスタントとして修業しながら作品を描きため、そのマンガ家担当の編集者に売り込む方法がある。
 最近はマンガ家養成の専門学校がありそこからプロをめざす人もいる。

マンガ家 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す