×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 教育系

保育士の資格

保育士

 働いている保護者に代わり、児童福祉施設などで子どもの成長を手助けする仕事。また、乳幼児保育のプロフェッショナルとして、保護者に対して指導を行うことも役目の一つだ。人手不足がよく話題になる職業でもあり、多くの優秀な人材が必要とされている。

保育士の資格

必須資格 … 保育士

 保育士として働くには、「保育士」の資格が必要だ。資格を取得するための方法は2つあり、1つは大学の社会福祉学部などに設置されている子ども学科、児童学科といった指定の保育士養成施設を卒業すること。もう1つは、都道府県が実施する保育士試験に合格することだ。前者の場合、特に試験を受けることなく資格を得られるうえに、大学などで必要な技能を身につけることができるので、実際に働くうえでも近道だと言える。

関連資格

幼稚園教諭免許状

 幼稚園教諭として働くための資格。同じ年頃の子どもたちに接するため、非常によく似た資格&職業だと言えるだろう。子どもたちへの教育をより手厚くするために、保育士の資格を所持しており、かつ一定の実務経験を持つ人に限り、幼稚園教諭の免許が取りやすくなる特例制度がつくられている。また、逆のパターンとして、幼稚園教諭の免許状を持っている場合に保育士の資格を取りやすくなる特例制度もある。

関連する職業

幼稚園教諭/小学校教諭/中学校教諭/高校教諭/大学教員/養護教諭/特別支援学校教諭/日本語教員/英会話学校講師/塾講師/音楽教室講師/社会教育主事/学芸員/司書、司書教諭/法務教官

 保育士に関連した職業は、教育系の仕事から探すことができる。下記の通り、教育系の仕事はレパートリーが非常に豊富。特に関連の深い職業は「幼稚園教諭」だが、そのほかの職業も、さまざまなかたちで子どもに関わることが可能だ。関わる子どもの年齢や、サポートする内容が変わるため、自分がどこで、どのようなことを子どもたちに教えたいのか、関わり方を考えてみよう。

保育士に必要な資格が取得できる大学を検索

保育士に必要な資格が取得できる専門学校を検索