児童福祉司の仕事の内容

児童福祉司

児童福祉司の仕事の内容

児童相談所で中心的役割を担う

 児童福祉司は、児童相談所と呼ばれる公的機関の職員である。児童相談所の援助の対象となるのは、乳幼児や少年・少女といった子どもだけではなく、保護者も含まれる。児童相談所を訪れる人はいずれも心身の障害、家庭の不和、非行などの問題を抱え、福祉の手を必要としている。
 児童福祉司は、そうした子どもたちが置かれている環境を調査し、子どもや保護者の話を聞き、医師や児童心理司などの専門家の協力を得て適切な対策を立て、立ち直れるように援助する。この仕事では、子どもや保護者の信頼を得ることが非常に重要だと言える。このほか、講演会や講習会の開催、巡回相談なども行う。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る