児童福祉司にふさわしい人

児童福祉司

児童福祉司にふさわしい人・適性

子どもや保護者と信頼関係を築ける人間性と専門知識

 児童福祉司の仕事は、子どもや保護者がなんでも安心して相談できるように、相手の話をじっくり聞き、相手の立場に立って考え、事情を把握できる人に適している。
 また、奉仕の精神はもちろん、心理学や社会学の知識、カウンセリングの技法などを身につけていることも必要である。さらに、家庭の問題に深くかかわるため、秘密が守れることも条件だ。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る