児童福祉司の将来展望

児童福祉司

児童福祉司の将来性

児童福祉の充実に向け期待度は高い

 児童福祉司は現在、任用資格としてしか認められていないが、社会福祉への関心が高まる中、早くから子どもの福祉向上に尽力してきた児童福祉司の役割の重要性が見直されつつある。
 また、少子化の進行で児童数が減少しているにもかかわらず、児童相談所における相談件数は増加傾向にある。こうした状況の下、児童福祉司の役割は今後ますます高まっていくだろう。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る