×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

介護福祉士の働き方と生活

介護福祉士

 体の不自由な高齢者や障がい者に対し、入浴や食事の介助、買い物や掃除の代行など、日常生活の支援を行う福祉の実務者であり、国家資格の名称でもある。非常に速いスピードで高齢化が進む中、社会における重要なポジションを占めている職業の一つだ。

介護福祉士の働き方と生活

極めて多忙であり体力を使う場面が多い

 介護福祉士の主な職場としては、病院やリハビリテーション施設、特別養護老人ホームなどの社会福祉施設が挙げられる。労働条件などは勤務先により異なるが、入院患者のいる病棟や老人ホームなどではシフト制の勤務になることもある。スタッフの数が不足している職場も多く、極めて多忙かつ体力を使う仕事だ。

  また、介護福祉士の働き方は職場によって大きく変わる。
 入居型施設で働く場合、夜間の見守り・巡回や緊急時の対応のために、持ち回りで夜勤を任されることが多い。施設にもよるが、夜勤は日勤に比べてスタッフの数が少なく、一人でたくさんの入居者を見なければならない。夜勤専属の契約も含めて生活リズムを崩しやすいため注意が必要だ。苦労が多いように見えるが、同じ入居者に時間をかけて向き合える点はメリットと言える。
 一方、訪問介護やデイサービスセンターなど、そのほかの職場の仕事はほとんどは日勤のみ。入居型施設で働く場合に比べて規則正しい働き方となる。訪問介護は1日にいくつかの家庭を訪れることになるので、徒歩や自転車での移動が発生する。デイサービスセンターも、利用者の送迎に同行するなど、施設を離れる時間があることも。

教えて先輩!
介護福祉士として働いている先輩に、勤務スケジュールについて聞いてみた!

Q.1日の勤務スケジュールを教えてください!

A. 職場によって変わるとは思いますが、私はデイサービスに勤めていて、勤務は「早番」、「日勤」、「遅番」、「夜勤」の4交替制。勤務時間は8時間程度ですが、「夜勤」だけは17時から翌朝9時までなので長時間勤務となりますね。

夜間は食器を洗ったり。書類仕事をしたりしながら2時間おきに巡回して、眠れない方の話を聞いたり、トイレに行きたい方がいれば連れていってあげたり。余談ですが、個人的に「夜勤」の後に近くの健康ランドで疲れを癒すのがここ最近のブームです。(37歳・女性・介護福祉士歴10年目)

介護福祉士に必要な資格が取得できる大学を検索

介護福祉士に必要な資格が取得できる専門学校を検索