×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

薬剤師の仕事の内容

薬剤師

 病院や薬局で薬の管理・調剤を行う職業。また、製薬会社で薬の研究・開発などに携わる人もいる。「かかりつけ薬剤師」が注目されるようになって以降、身近な薬の専門家として、薬や服用の相談に乗ることが大切な業務になってきている。

薬剤師の仕事の内容

病院や薬局以外に製薬会社などでも活躍

 薬剤師の代表的な仕事は、病院や薬局で薬を管理し、医師の処方せんに基づいて薬を調剤することだ。最近は、医師の処方せんを病院外の薬局で薬剤師が調剤する医薬分業体制が進んでおり、その役割は重要性を増している。もちろん、薬局などで市販の薬について説明するのも大切な仕事だ。そのほか、製薬会社などの民間企業や官公庁で、調剤以外の仕事をする薬剤師もいる。
 また最近は、臨床薬剤師が注目されている。これは、調剤や分析・研究をするだけではなく、ほかの医療スタッフとともに患者の元へ行き、服薬指導などを行う薬剤師のことだ。一歩進んだ治療活動を担っていると言えるだろう。

 薬剤師の職場として最も多いのは薬局だ。全薬剤師のうち半数以上が薬局に勤務している。薬局での仕事は主に処方せんの調剤、薬の服用方法についての指導、飲み合わせの確認となっている。また、近年は「かかりつけ薬剤師(薬局)」という考え方が広まっており、地域の薬の専門家として、一般の人の薬の相談に乗ったり、病院を紹介したりすることも増えている。
 次に多いのが、病院で働く薬剤師だ。同様に薬の調剤を行うほか、臨床薬剤師として服薬指導を行う。その際、あらかじめカルテを見て病状を把握しておき、処方せんに疑問があれば、医師に対して意見もする。また、実際に薬を服用している患者を見て、副作用をはじめとした体調の変化をチェックする役割も担っている。そのほかの業務として、病院の薬の管理も行っている。
 製薬会社で働く場合、薬剤師としての業務ではなく、薬の研究や開発、営業を行うことが一般的だ。

薬剤師に必要な資格が取得できる大学を検索