薬剤師の学校の選び方

薬剤師

 病院や薬局で薬の管理・調剤を行う職業。また、製薬会社で薬の研究・開発などに携わる人もいる。「かかりつけ薬剤師」が注目されるようになって以降、身近な薬の専門家として、薬や服用の相談に乗ることが大切な業務になってきている。

薬剤師の学校の選び方

国家試験合格率&臨床教育の豊富さをチェック

 大学の薬学部か薬科大学に設置されている6年制の薬剤師養成課程を修了し、薬剤師国家試験に合格することが必要だ。4年制の薬科学科から直接国家試験を受けることはできないので注意しよう。
 薬剤師の国家試験合格は簡単ではない。新卒者の合格率は例年80%台で、不合格の人が常に一定数いる。少しでも合格を確実にしたいなら、大学選びの際に「国家試験の合格率」と「国家試験対策の豊富さ」をチェックしてみよう。国家試験の合格率は大学別に毎年発表されている。国家試験対策については、試験対策用のコンピュータソフトを用意している大学や、いつでも見られる映像授業を用意している大学など、大学ごとにさまざまな特色がある。そのほかの国家試験対策に通じる要素として、図書館や自習施設の充実度を調べてみるのもいいだろう。
 就職後の活躍を見込むなら、「臨床教育」についても見ておきたい。少人数制を敷いている、医療系総合大学としてチーム医療に関する実習がある、長期実習が用意されているなど大学のアピールポイントをチェックしておこう。このような活躍をしたい、という自分なりの薬剤師像を考えて、そのために必要な支援を受けられるように大学を選ぼう。

薬剤師に必要な資格が取得できる大学を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る