薬剤師のやりがい

薬剤師

 病院や薬局で薬の管理・調剤を行う職業。また、製薬会社で薬の研究・開発などに携わる人もいる。「かかりつけ薬剤師」が注目されるようになって以降、身近な薬の専門家として、薬や服用の相談に乗ることが大切な業務になってきている。

薬剤師のやりがい

最大のやりがいは人の命を救うこと

 薬剤師は人の命に関わる仕事だ。どんな職場に勤めようと、その点に変わりはない。自身の調剤や服薬指導が直接患者の命や健康に左右する。責任の重い仕事だからこそ、その分大きなやりがいを感じられるはずだ。
 病院に勤務する場合は入院患者と長期的に接することができる。服薬指導を通して入院患者と信頼関係を築いていくことや、入院患者が回復していくさまを近くで見られることは、ほかの職場にないやりがいだ。また昨今は「チーム医療」の名のもとに、ほかの職種と連携して働くことが薬剤師にも求められている。多くの人と協力しながら患者さんに向き合うことも、人によっては取り組みがいのある仕事と言えるだろう。
 ドラッグストアに勤務する場合、市販薬に限っては、薬剤師の判断で販売することができる。自身の知識を最大限生かしつつ、お客様の困り事や症状に合わせて市販薬を選ぶ。これは薬局勤務ならではの面白さだ。
 なお、医療のあり方や薬品は日々更新されていくもので、覚えることも多い。そのため薬剤師になると、社内・外を問わずさまざまな勉強会・研修に参加することになる。勉強が好きな人、好奇心が旺盛な人にとって、こうした勉強の機会に恵まれている点も仕事の面白さと言えるかもしれない。

薬剤師に必要な資格が取得できる大学を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る