薬剤師の就職先・活躍できる場所

薬剤師

 病院や薬局で薬の管理・調剤を行う職業。また、製薬会社で薬の研究・開発などに携わる人もいる。「かかりつけ薬剤師」が注目されるようになって以降、身近な薬の専門家として、薬や服用の相談に乗ることが大切な業務になってきている。

薬剤師の就職先・活躍できる場所

薬局か医療施設で活躍

 薬剤師の主要な就職先は薬局と医療施設だ。特に近年は薬局に勤務する薬剤師の需要が増していて、全国の薬剤師の半数以上が薬局勤務となっている。また調剤業務のないドラッグストアに勤務している薬剤師も多い。

○薬局
 調剤業務を行う場所を薬局という。最近では薬局を併設しているドラッグストアも多い。近年は地域医療を支える存在として、患者と長期的に接する「かかりつけ薬局・薬剤師」の重要性が訴えられており、薬剤師の活躍の場として存在感を増していくと考えられている。
 薬局の主な業務として、調剤、服薬指導が挙げられる。また、かかりつけ薬局・薬剤師として、在宅訪問を行うこともある。

○医療施設
 医療施設に勤務する薬剤師のほとんどは、病床が20床以上の病院に勤務している。逆に19床以下の診療所(クリニック)に勤務する薬剤師はごく少数だ。
 病院では製剤といって、病院内で使うための薬を薬剤師がつくっている。入院患者の中には、口から薬を摂取できない人もいる。そうした人をはじめ個々の患者に合った薬を院内でつくるのが、病院勤務の薬剤師の重要な仕事だ。また医師に対して処方箋を提案したり、救急救命の現場で薬を選択したりするのも、病院ならではの仕事といえる。

○ドラッグストア
 調剤薬局を併設している場合は、薬局と同じ業務を行う。調剤薬局がない場合は、市販薬の販売、品出しなどに従事する。
 市販薬のうち、第一類医薬品は薬剤師でないと販売できない。そういった意味では、ドラッグストアにおいて薬剤師は必要不可欠な存在といえるだろう。

薬剤師に必要な資格が取得できる大学を検索