×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

薬剤師になるには

薬剤師

 病院や薬局で薬の管理・調剤を行う職業。また、製薬会社で薬の研究・開発などに携わる人もいる。「かかりつけ薬剤師」が注目されるようになって以降、身近な薬の専門家として、薬や服用の相談に乗ることが大切な業務になってきている。

薬剤師になるには

6年制の薬剤師養成課程へ進学

 薬剤師になるには、大学の薬学部か薬科大学に設置されている6年制の薬剤師養成課程を修了し、薬剤師国家試験に合格することが必要だ。近年、薬剤師にはより幅広い分野において、臨床に関わる実践的な能力が求められている。そうした期待にこたえるため国家試験では、基本的な知識などのほか、薬学全般にわたる一般的な理論や、医療を中心とした実践の場において必要とされる知識・技能・態度などが問われる。試験問題は、必須問題と一般問題に区分され、物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務といった科目から出題される。
 なお、ここ数年の薬剤師国家試験の合格率は約6〜8割である。

薬剤師 なるためチャート

薬剤師に必要な資格が取得できる大学を検索