×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

作業療法士の将来展望

作業療法士

 身体が不自由な人、精神に障害を持つ人に対し、「作業」を通してリハビリテーションを行う職業。食事やトイレをはじめとした日常的な動作の練習から、学校や会社に復帰するための訓練など、患者の生活をよりよくするために幅広い支援を行う。

作業療法士の将来性

リハビリの専門家として期待が高まる

 障害者や高齢者の増加に伴い、リハビリテーション療法の充実が切実に求められている。リハビリテーションのスペシャリストとして、作業療法士には高い期待が寄せられており、将来性の高い職業と言える。
 また、これからは訪問作業療法や地域での医療、保健活動などでも活躍が期待されている。

 特に今、国が推し進めている「地域包括ケアシステム」の枠組みの中で、作業療法士の担う役割は大きくなる可能性がある。地域包括ケアシステムとは、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、医療、介護、生活支援をひとまとめに提供するためのシステムのこと。地域ごとにシステムの中身は違うが、病院や介護施設、役所が連携し、新しいサービスをつくりだしたり、制度を整備したりしている。今後は作業療法士も、例えば別の施設の介護スタッフにリハビリのアドバイスを行うなど、高齢者が自立して生活・作業できるようになるためのプランを考え、実践していくことが求められるようになる。そのためにも、就職するまではもちろん、就職してからも「認定作業療法士」「専門作業療法士」の資格取得を目標にするなど、自分から勉強を続けていく姿勢を持つことが大切になるだろう。

作業療法士に必要な資格が取得できる大学を検索

作業療法士に必要な資格が取得できる専門学校を検索