職業情報 コンピュータ系

ゲームクリエイター

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターの仕事の内容

ゲームを企画・開発する専門家集団

 ゲームの開発には、ゲームを企画・構成するプランナー、筋書きを書くシナリオライター、キャラクターや背景を作製し、CGとして仕上げるグラフィックデザイナー、プログラマー、音楽担当者など、多くのスペシャリストがかかわっている。これらゲーム作りにかかわる人を総称してゲームクリエイターと呼んでいる。
 ゲーム業界の規模は拡大しているとは言えない状況だが、パソコンやスマートフォン向けのオンラインゲームやソーシャルネットワークゲームなどは市場規模、利用者数ともに増加傾向だ。

ゲームクリエイターの働き方と生活

勤務時間は比較的自由だが深夜まで働くことも

 ゲームメーカーやゲーム制作会社・運営会社に勤めるほか、独立してフリーで働く方法もある。
 所属する企業によっても異なるが、勤務時間が比較的自由である反面、生活は不規則になりがちだ。ゲームの発売予定日が近くなると、作業が深夜まで及んだり、徹夜続きになったりすることも珍しくない。

ゲームクリエイターにふさわしい人

斬新なアイディアとそれを商品化する力

 ゲームクリエーターには、最低限のコンピュータ知識が必要なのは言うまでもないが、それ以上に求められるのがアイディアだ。例えば人気の高いロールプレイングゲーム(RPG)では、よりおもしろく、より複雑なストーリー展開、高いグラフィック性などが常に要求され、そのニーズにこたえられるだけの斬新なソフトを生み出す創造力が不可欠である。また、アイディアを実現するプログラミング能力も必要だ。

ゲームクリエイターの収入、資格

収入 …  経験や能力により異なる(大手ゲームメーカーの場合)

ゲームクリエイターの将来展望

衰えない国内外のゲームソフト人気

 近年、インターネットやスマートフォンといったゲーム機以外の媒体にもゲームが普及するなどの動きも見られる。また、日本のゲームソフトは海外でも人気が高く、輸出産業として大きな可能性を秘めている。そのため、ゲームクリエイターへのニーズは今後もますます高まっていくと考えられる。

ゲームクリエイターにはこうすればなれる

直接売り込むかコンクールに応募

 ゲームが好きで、ゲームについて独学で勉強してきた人や、ゲームソフトのアイディアにあふれ、シナリオ制作やゲームの組み立てに自信のある人は、オリジナルの企画をゲームメーカーやソフト制作会社に売り込むようだ。また、ゲームメーカーなどが行うコンテストに応募するのも一つの方法である。いずれの場合も、商品化が決まったら、デザイナーなどの制作スタッフは会社側でそろえてくれる。
 基本的に、学歴はあまり関係がない仕事だが、「将来は独立したいが専門知識を身につけてから」という人は、大学や専門学校でコンピュータの基礎知識などを学んでから、ゲームメーカーやゲームソフト制作会社に入社するといいだろう。

ゲームクリエイター なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ