×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 機械・化学研究・技術系

電気工事士の仕事の内容

電気工事士

 電気工事士は、建物の配電や配線の工事を行う技術者のこと。ビルの照明、マンションの防災設備、工場の機械、街灯や電柱など、私たちの生活に欠かせない機械や電化製品が問題なく動くよう、工事を通して支えている仕事だ。

電気工事士の仕事の内容

配電図や配線の施工を行う

 電気設備に不備があると、電化製品などが動作しないだけでなく、火災などの危険にさらされることになる。そのため電気工事は、専門の資格をもった技術者が行わなければならないと法律で決められている。その技術者が電気工事士で、住宅やビル、工場や商店などの建設・改装を行うときの電気工事、例えば電灯やコンセントを設置するために必要な配線や、照明器具の設置などを担当する。

 電気工事士の資格は第一種と第二種に分かれており、第一種の方がより広い範囲の仕事に従事できる。第二種は一般住宅や店舗などの電気工事を手がけ、第一種は第二種の範囲に加え、ビルや工場など、より大きな施設の電気工事を手がける。
 主な就職先は電気工事会社、建設・建築会社、家電メーカーの代理店などだ。会社によって工事の内容は異なり、変電所や高速道路の設備工事を専門に手がける会社もあれば、工場やビル・マンションなどの電気工事を全般的に手がける会社もある。また、なかには住宅用の太陽光発電システムの設置に特化した会社も。いずれの場合も、設備の点検・保守・設置や施工と、電気設備の工事の全工程に関わることになるだろう。