×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 コンピュータ系

ネットワーク技術者

ネットワーク技術者

ネットワーク技術者になるには

実務経験を積み、ステップアップする

 ネットワーク技術者になるために必要な資格はない。情報システム企業やソフトウェア企業に就職してネットワークの監視・運用の経験を積み、ネットワークの構築と保守、クライアントへの提案・設計というように、ステップアップを経て、一人前のネットワーク技術者となるのが一般的だ。就職後は、コンピュータのシステムに関する幅広い知識が必要になるため、大学の情報工学系学科、専門学校の情報システム系コースで専門知識を学んでおくといいだろう。
 また、関連資格としては、ネットワークエンジニアとしての知識と技能を認定するCCNAという民間資格がある。受験制限がないため、学生のうちに取得しておくと、就職に有利になるだろう。

ネットワーク技術者 なるためチャート

続きを読む

ネットワーク技術者の仕事の内容

コンピュータネットワークを構築・管理する

 ネットワーク技術者とは、コンピュータネットワークの設計、構築、運用に関わる専門家。社内ネットワークやインターネットを利用して業務を行う企業から依頼を受け、安定したネットワーク環境を提供するのが仕事だ…

続きを読む

ネットワーク技術者の働き方と生活

システムに不具合があった場合、残業や休日出勤もある

 ネットワーク技術者の勤務先としては、情報システム企業やソフトウェア企業、コンピュータメーカーなどが挙げられる。土曜・日曜の週休2日制としているところがほとんどだが、システムに不具合があったときなどは…

続きを読む

ネットワーク技術者に向いている人・適性

進化する技術に対する探求心が必要

 ITネットワークの技術革新はとても早いため、新しい技術に興味を持ち、絶えず自分の知識とスキルを磨き続けられるようなタイプの人が向いている。また、ネットワークシステムの構築では依頼者の要望をきちんと理…

続きを読む

ネットワーク技術者の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

勤務先により異なる

続きを読む

ネットワーク技術者の資格

関連資格

情報処理技術者試験/CCNA【Cisco Certified Network Associate】

続きを読む

ネットワーク技術者の将来性

ネットワークの進化により、社会からのニーズは高い

 規模の大きな企業では1つの建物の中に数多くのコンピュータが導入され、ネットワーク化されている。また、インターネットを利用した商品や情報取引のビジネスが進化を続けており、高度な技術や知識を持ったネット…

続きを読む