×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

弁護士の仕事の内容

弁護士

 法律の専門家として、依頼者の権利を守る職業。法廷に立って論争することはもちろん、事務所で依頼者の法律相談に応じたり、人権を守るための活動に従事したりすることもある。近年は「企業内弁護士」として、企業の中で働く人も増えつつある。

弁護士の仕事の内容

法律を通じて一般市民の権利を守る

 弁護士は高度な法律知識を備えた専門家で、基本的人権の擁護と社会正義の実現という使命に基づいて、市民の利益を守っている。
 主な仕事は、法廷の内外で依頼者の権利や利益、人権などを守ることだ。刑事事件では検察官と、民事事件では相手の弁護士と論争を行う。企業の顧問弁護士として契約を結び、会社の法律相談やトラブルの解決に当たることもある。
 弁護士に持ち込まれる依頼内容は、刑事事件、不動産売買関係のトラブル、交通事故の慰謝料問題、離婚問題、相続問題などさまざまだ。
 裁判に臨む際には、情報や証拠を収集し、法令や判例の研究などを行う。

 テレビドラマや映画では、弁護士が裁判所の法廷に立つ場面がよく取り上げられる。実際、刑事事件・民事事件を問わず、訴訟は弁護士にとって中心的な仕事だ。ただ、弁護士には法廷に立たない仕事もたくさんある。例えば法律相談もその一つだ。遺産相続について、企業の設立について、労働環境についてと、弁護士のもとにはさまざまな相談が寄せられ、法律家としてアドバイスを行っている。それでも解決しない場合に、初めて訴訟が行われる。
 そのほかにも、逮捕・勾留された人への接見(面会)や、損害賠償の請求・契約書の作成といった法律事務など、弁護士特有の仕事がある。