×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 マスコミ系

アナウンサー、キャスター

アナウンサー、キャスター

アナウンサー、キャスターになるには

大学に進学し、講習会などに参加

 アナウンサーになるためには、NHKや民放キー局、ローカル局が行っているアナウンサー採用試験に合格するのが一般的なコースだ。採用の対象はほとんどの局において大卒者となっている。
 試験内容は、一般常識、時事問題、小論文、外国語などの筆記試験、音声試験、カメラテスト、面接などで、特に外国語に堪能であれば有利と言えるだろう。音声試験に備え、学生時代から専門学校に通ってアナウンサー教育を受ける人も少なくない。また、アナウンサー志望の学生を対象に講習会を開いている放送局もあり、参加しておくと役に立つだろう。
 特に有利な学部はないが、幅広い知識と教養を身につけておくことが大切である。

アナウンサー、キャスター なるためチャート

続きを読む

アナウンサー、キャスターの仕事の内容

タレント並みの人気者だが訓練は厳しい

 ラジオやテレビでニュースの報道やスポーツの実況を担当するアナウンサーは、私たちにとってとても身近な存在だ。昨今では、「何を伝えるか」よりも「だれが出演するか」に関心が集まるほどで、知名度もタレント並…

続きを読む

アナウンサー、キャスターの働き方と生活

担当番組によっては早朝や深夜の勤務も

 勤務時間は各放送局の規定にもよるが、担当する番組によっては早朝や深夜に勤務することもあるようだ。また、台風や地震などの災害時には、速報を伝えるため宿泊勤務もある。
 フリーになった場合は、プ…

続きを読む

アナウンサー、キャスターに向いている人・適性

知性と時代感覚、体力で勝負

 最近では、番組を特色づける個性派アナウンサーが求められることもあり、知性や教養だけでなく、魅力的な人柄や親しみやすさなどのパーソナリティーが重視されるようになっている。そして、世の中の動きをとらえる…

続きを読む

アナウンサー、キャスターの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格 …  初任給 約25万円(民放キー局の場合)

続きを読む

アナウンサー、キャスターの将来性

企画から参加できる積極的な人材が求められる

 視聴率競争がますますエスカレートしている現在、番組の顔であるアナウンサーの育成に各局とも力を入れている。特にこれからのアナウンサーには、ジャーナリストとしての自覚を持ち、自ら企画にかかわるなど、番組…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す