×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 マスコミ系

通訳の資格

通訳

 異なる言語を話す人の間に入り、言葉の橋渡しを行う職業。政治、国際会議、テレビ番組など、さまざまな場所で活躍している。高い語学力と技術力が求められる職業であり、専門的な教育を受けている人がほとんど。

通訳の資格

必須資格 … なし

 通訳を行ううえで絶対に必要な資格はない。ただし、非常に高いレベルの語学力が前提になるため、各種の語学検定を受検して自分のレベルを測りながら勉強に向かうといいだろう。また、留学をしたり、外国人と積極的に話す機会を持ったりするのもいい。資格はあくまで形式的なものなので、自分なりの方法で語学力を高めよう。
 一方で、語学力だけあれば通訳になれるかというと、そうではない。人が話したことを、すぐに口頭で訳すという高度な技術が求められる。そのため通訳をめざす人の多くが専門の養成学校に通っているようだ。
 また、「TOBIS」という、ビジネス通訳に関する民間の検定もある。逐次通訳、同時通訳の技術を測る検定であり、実力を級別に判定してもらえるため、自分を売り込むためのよい材料になるだろう。

関連する職業

アナウンサー、キャスター/TVディレクター、プロデューサー/放送記者/レポーター/放送技術者/新聞記者/編集者/雑誌ライター/シナリオライター/コピーライター/音響エンジニア/ビデオディレクター、AVデザイナー/翻訳家

 通訳に関連した職業は、マスコミ系の職業から見つけることができる。このうち、言葉の橋渡しをするという点でよく共通しているのが翻訳家だ。小説、映画など、多くのメディアで活躍している職業でもある。また、マスコミ系の職業ではないものの、外交官や商社勤める場合も、高い語学力を生かすことができるだろう。幅広い職業の中から、自分に合ったものを探すことが重要だ。

この職業になれる専門学校を探す