×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 芸能・芸術系

マンガ家の収入、資格

マンガ家

 その名の通り、マンガのストーリーを考えたり、絵を描いたりする職業。マンガ雑誌に掲載するマンガを描く人もいれば、一般誌や参考書の解説マンガを描く人など、さまざまなマンガ家がいる。デビューするまではアシスタントとして働く人も多い。

マンガ家の年収・給与・収入

収入

経験や能力により異なる

(マンガ家の収入は、作品がどれだけヒットするかによって大きく異なる。作品がヒットし、日本や世界に知られるようなマンガを描くマンガ家の中には何億円もの年収を得ている人もいる。ただ、そこまで売れるマンガ家はごく少数だ。逆にヒットが出るまではアルバイトを掛け持ちするなど、厳しい生活を強いられることも多い。
 マンガ家の収入源はいくつか種類がある。まず、出版社から支払われる原稿料。原稿料は経験や知名度によって異なり、新人時代は1ページにつき数千円だった原稿料も、人気作家になると数万円まで上がると言われている。次に、印税が挙げられる。作者の取り分は8~10%と言われており、単行本が売れれば売れた分だけ収入は大きくなる。また、マンガ家だけでなく、ドラマ化や映画化、アニメ化など、別のメディアで使用された場合や、関連グッズの売れ行きによっても収入が高まる。
 なお、知名度のあるマンガ家でも、作品の人気が落ちて打ち切りになってしまったり、連載がなくなってしまったりすると、一気に収入が下がることになる。マンガを描くためのアイデアを考え続ける努力が、マンガ家には欠かせない。)

この職業になれる専門学校を探す