×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

介護福祉士になるには

介護福祉士

 体の不自由な高齢者や障がい者に対し、入浴や食事の介助、買い物や掃除の代行など、日常生活の支援を行う福祉の実務者であり、国家資格の名称でもある。非常に速いスピードで高齢化が進む中、社会における重要なポジションを占めている職業の一つだ。

介護福祉士になるには

2022年度から国家試験合格が必須

 資格取得には①実務経験などの受験資格を満たしたうえで国家試験に合格する、②介護福祉士養成施設を卒業するという代表的な2つのルートがあり、これまでは②のルートであれば国家試験を受験せずに資格を取得することができた。しかし2022年度以降は、人材の質的確保・向上をめざし、国家試験に合格しなければ資格を取得できないようになる。
 ただし、2017〜21年度については移行期間としての措置がとられる。この期間の卒業生には5年間の期限つきで資格が与えられ、期間内に国家試験に合格するか、5年間勤続で経過後も資格が認められる。今後も制度の変更に要注意だ。

介護福祉士 なるためチャート

教えて先輩!
介護福祉士として働いている先輩に、介護福祉士になってからについて聞いてみた!

Q. 介護福祉士1年目ってどんなことをするの?

A. 人によってはすでに3年以上の実務経験があるので、ほぼすべての仕事を一人でこなすことができます。私もはじめ老人ホームで働いて、3年経った後に資格を取得したので、そのときには一人で10人の介護を担当していました。たとえ実務経験がない人でも、養成施設などできちんと研修を行っているはずなので、そこまでとまどうことはないと思います。

ただ、その職場に入って間もないころは、利用者との人間関係ができていないので、まずは一人ひとりの名前や趣味などを覚えることから始めることになると思います。利用者によって介護の仕方や、どの程度介助が必要かは違いますからね。(37歳・女性・介護福祉士歴10年目)

Q. 介護福祉士に必要な能力は?

A. 職場によって「夜勤」があったり、利用者さんの身体をしっかり支えたりする必要もあるので、ある程度の体力・筋力はあった方がいいかもしれませんね。

それと、利用者さんのなかには認知症の方もいて、まれに暴言を浴びせられてしまったりして、うまくコミュニケーションが図れないことも…。ですから、介護福祉士には自分の感情をコントロールする能力が求められるのだと思います。(29歳・男性・介護福祉士歴7年目)

介護福祉士に必要な資格が取得できる大学を検索

介護福祉士に必要な資格が取得できる専門学校を検索