×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

看護師の仕事の内容

看護師

 医師の治療を助け、人々の健康を守ることが「看護師」の仕事。つらい病気やけがを抱えている人の近くで、日常生活をサポートしたり、相談に応じたりすることも務めの一つだ。人の命にかかわる分、責任とやりがいも大きいと言える。

看護師の仕事の内容

医師と共に患者の回復に尽くす

 主な仕事は、病院や診療所などで医師の診察や手術などを手助けして、病人やけが人などの体調の回復に努めることだ。勤務先は病院、診療所以外にも、社会福祉施設、訪問看護ステーション、保健所など広範囲に渡る。
 大病院の看護師は、病棟、外来、手術室といった具合に担当が分かれており、業務内容も異なる。病棟と外来の担当は、医師の診察の補助、カルテの整理や患者の検温などを行う。また入院患者の洗面、入浴、排せつ、食事などの手助けもする。手術室の担当は、手術の準備を整え、手術中は執刀医に必要な器具を手渡したり、患者の容体を見守ったりする。

 有料老人ホームなど福祉施設の看護師は、主に入居者の健康管理・健康相談を行う。病院と変わらず、医師の診察の補助や、カルテ・健康診断の管理などだ。加えて、入居者に配る薬や残った薬、服薬の相談など、施設内の薬に関する管理を任されることや、入居者の健康の相談に乗ることも多い。また医療現場での「チーム医療」にならい、福祉施設でも「チームケア」が進められており、医師や薬剤師、介護スタッフ、リハビリスタッフと協力する姿勢が欠かせない。
 保健所の看護師は、福祉施設で働く看護師とやや似ており、施設への来訪者の健康相談や予防接種などを医師と協力して行うことが多い。

教えて先輩!
看護師として働いている先輩に、仕事内容についてさらに聞いてみた!

Q. 勤務先によって仕事内容は変わる?

A. もちろん変わります。基本的に看護師の仕事は、医師のサポートと患者さんの看護になりますが、まず勤め先が大きな病院なのか、入院設備のない小さな病院なのか、診療所なのか、それ以外の施設なのかで異なります。

また、大病院では外来看護師、病棟看護師、オペ室看護師、ICU看護師とで仕事内容が分かれています。私は中規模の病院の外科病棟勤務なので、担当する患者さんのバイタルチェック、入浴や排せつの手伝い、点滴や内服薬の管理が主な仕事で、術前の準備や術後の管理も行います。人間の生死にかかわる現場は精神的なタフさも求められますので、自信のない人は、耳鼻咽喉科や皮膚科など、比較的お亡くなりになる患者さんが少ない科を選ぶといいかもしれません。(25歳・女性・看護師歴3年目)

看護師に必要な資格が取得できる大学を検索

看護師に必要な資格が取得できる専門学校を検索