×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

保健師の将来展望

保健師

 保健所や保健センターで、公衆衛生の向上のために働く職業。健康診断の実施、病気の相談への対応、難病や感染病の調査・啓蒙活動など、人の健康を守るために幅広く活動することが特徴だ。近年、企業や学校で働く保健師も登場しつつある。

保健師の将来性

地域のニーズに応えて活動の場が広がる

 保健師の多くは市区町村に所属し、住民に密着した保健・福祉サービスを提供している。今後は、地域でのケアが必要な高齢者の増加が見込まれることから、保健所や保健センターにとどまらず、訪問介護ステーションなどの介護関連施設で働く保健師が増える可能性がある。高齢化と多様な介護ニーズに対応するため、保健師の役割はより重要になるだろう。

 こうした状況に対応するために、保健所や保健センターに「統括的な役割を担う」保健師が配置されるようになってきている。「統括的な役割を担う」保健師とは、保健師の指導を行ったり、保健師同士の連携を促したりするリーダー的な存在のこと。今後、保健師としてキャリアアップをめざしていくのであれば、保健師としての技量だけでなく、こうした人や組織を見る力も必要になっていくだろう。
 また、前述の通り、介護や医療のニーズはどんどん多様になっている。こうした事態に対応するために、介護士、社会福祉士、医師など、さまざまな福祉職・医療職が施設を超え、同じ地域の中で連携する動きが強まってきている。行政の視点から福祉や医療に携わることができる保健師がリーダーシップを取ることで、さまざまな職種が連携しやすくなり、よりよい福祉や医療を実現できる。これから先、保健師に対する期待はさらに強まっていくだろう。

保健師に必要な資格が取得できる大学を検索

保健師に必要な資格が取得できる専門学校を検索