職業情報 医療・看護系

薬剤師

薬剤師

薬剤師の仕事の内容

病院や薬局以外に製薬会社などでも活躍

 薬剤師の代表的な仕事は、病院や薬局で薬を管理し、医師の処方せんに基づいて薬を調剤することだ。最近は、医師の処方せんを病院外の薬局で薬剤師が調剤する医薬分業体制が進んでおり、その役割は重要性を増している。もちろん、薬局などで市販の薬について説明するのも大切な仕事だ。そのほか、製薬会社などの民間企業や官公庁で、調剤以外の仕事をする薬剤師もいる。
 また最近は、臨床薬剤師が注目されている。これは、調剤や分析・研究をするだけではなく、ほかの医療スタッフとともに患者の元へ行き、服薬指導などを行う薬剤師のことだ。一歩進んだ治療活動を担っていると言えるだろう。

この職業をめざすなら!

薬剤師の働き方と生活

病院で働く場合は夜勤があることも

 勤務先としては、病院、診療所、薬局が多いようだ。そのほか、製薬会社や化粧品メーカーなどの企業で、製造管理者、品質管理者、研究員、毒物劇物取扱責任者などとしても活躍している。勤務時間は、勤務する会社や病院などによって異なるが、病院で働いている薬剤師は、夜勤がある場合もある。

薬剤師にふさわしい人

細心の注意力や責任感の強さが求められる

 人の命と直結する薬を扱うだけに、薬剤師には、専門知識はもちろん、冷静な判断力も欠かせない。また、病院内の薬局などでは短時間に多くの薬を調剤するので、機敏さや注意力、集中力が必要だ。そして、患者の信頼にこたえられるだけの強い責任感と倫理観も求められる。

この職業をめざすなら!

薬剤師の収入、資格

収入 …  平均給与 約38万円(2015年厚生労働省調査)

必須資格 … 薬剤師

薬剤師に必要な資格が取得できる大学を検索

薬剤師の将来展望

薬学の専門家として企業からのニーズもある

 製薬会社や化粧品会社などでは、製造・販売などの工程の管理者や、医薬情報担当者として薬剤師の有資格者を必要としており、企業内スペシャリストとしての期待は高いと言える。ただし2009年から、登録販売者の資格があれば、薬剤師以外でも一般医薬品の一部をドラッグストアなどで販売できるようになった。このため、薬品の販売に従事する薬剤師のニーズは今後減っていくという見方もある。

薬剤師にはこうすればなれる

6年制の薬剤師養成課程へ進学

 薬剤師になるには、大学の薬学部か薬科大学に設置されている6年制の薬剤師養成課程を修了し、薬剤師国家試験に合格することが必要だ。近年、薬剤師にはより幅広い分野において、臨床に関わる実践的な能力が求められている。そうした期待に応えるため国家試験では、基本的な知識などのほか、薬学全般にわたる一般的な理論や、医療を中心とした実践の場において必要とされる知識・技能・態度などが問われる。試験問題は、必須問題と一般問題に区分され、物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務といった科目から出題される。
 なお、ここ数年の薬剤師国家試験の合格率は約6〜7割である。

薬剤師 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ