×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

薬剤師の将来展望

薬剤師

 病院や薬局で薬の管理・調剤を行う職業。また、製薬会社で薬の研究・開発などに携わる人もいる。「かかりつけ薬剤師」が注目されるようになって以降、身近な薬の専門家として、薬や服用の相談に乗ることが大切な業務になってきている。

薬剤師の将来性

薬学の専門家として企業からのニーズもある

 製薬会社や化粧品会社などでは、製造・販売などの工程の管理者や、医薬情報担当者として薬剤師の有資格者を必要としており、企業内スペシャリストとしての期待は高いと言える。ただし2009年から、登録販売者の資格があれば、薬剤師以外でも一般医薬品の一部をドラッグストアなどで販売できるようになった。このため、薬品の販売に従事する薬剤師のニーズは今後減っていくという見方もある。

 一方で、高齢化の影響を受け、医療サービスの充実はこれまで以上に重要な課題になっている。医療現場では既に「チーム医療」の一員として、薬の専門家である薬剤師が薬物療法に積極的に関わるようになっているし、調剤薬局の薬剤師は「かかりつけ薬剤師」として一般の人の薬や病気にまつわる相談対応を行うようになっている。また、今後は医師や看護師、介護士と連携し、在宅医療に参加することもより求められていくだろう。
このように薬剤師の役割は少しずつ広がってきており、従来の「調剤をする人」というイメージだけに当てはまらなくなっている。特に、医師をはじめとした医療・介護職との連携はこれからどんどん強まっていくはず。コミュニケーション力も薬剤師の重要な資質になっていくだろう。

薬剤師に必要な資格が取得できる大学を検索