×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

理学療法士の仕事の内容

理学療法士

 病気や事故にあった人のリハビリテーションや、高齢者の身体機能の維持・向上を手伝う医療スタッフが理学療法士だ。誰にとっても身体が動かなくなるのはつらいもの。リハビリテーションを通して多くの人の「生きやすさ」を支えることが理学療法士の使命だ。

理学療法士の仕事の内容

患者の症状に合わせ治療を工夫

 病気や事故などで身体が不自由になった人たちの身体機能の回復を図り、社会復帰を手助けするスペシャリストが、理学療法士だ。
 理学療法士は、医師の処方に基づいて、患者に最も効果的な治療計画を立て、徒手療法(器具を使わない治療方法)、治療体操、歩行訓練などの運動療法や、電気刺激などの物理療法を施す。治療に当たっては、ほかの関連医療スタッフとも意見を交換し、全体として統一された方針で治療を行うように調整する。患者は、病気で身体が自由に動かせない人から、けがなどの後遺症が残った人までさまざまなので、1人ひとりの症状に合わせて指導する必要がある。

 理学療法士の多くは、病院や診療所などの医療機関か、高齢者向けの介護施設などの福祉施設で働いている。身体機能の回復と予防・維持が主な仕事になるが、どちらに重きを置くかはやや異なる。
 病院などの医療機関で働く場合、けがや病気によって身体を動かせなくなった人の治療にあたり、リハビリの手伝いを行うことが多い。原因となる病気やけがは人それぞれ。重とくな“まひ”や痛みの軽減に取り組むこともあれば、杖の使い方の指導を行うこともあり、家族にリハビリの仕方を指導することもある。総じて、病気やけがを負った人が無事日常生活に戻るためのサポートをするものだと考えていい。一方で、入院患者の体力低下を防ぐために、運動の指導などにあたることもある。
 福祉施設で働く場合、特に高齢者の体力の維持、向上のための仕事に取り組むことが多い。入居者や利用者の健康状態に合わせて運動訓練の計画を立てたり、実際に指導をしたりする。

教えて先輩!
理学療法士として働いている先輩に、理学療法士と作業療法士の仕事の違いについて聞いてみた!

Q. 理学療法士と作業療法士の違いは?

A.理学療法士は患者さんの基本的な運動機能の回復をめざしています。それに対して、作業療法士は、活動を手段として、応用的な動作能力の回復をめざします。例えばご飯を食べるために、椅子に座るのが基本的な動作で、箸を持って食べるというのが、応用的な動作になります。同じリハビリテーションの仕事なので分かりにくいですが、資格が異なるので養成校に入学する前に、どちらになりたいか決めておく必要があります。

住んでいる都道府県によって違いますが、毎年夏休みごろに仕事の見学会を設けている病院は多いので、可能であれば、近くの病院へ見学に行くととても参考になると思います。(31歳・男性・理学療法士歴9年目)

理学療法士に必要な資格が取得できる大学を検索

理学療法士に必要な資格が取得できる専門学校を検索