職業情報 医療・看護系

作業療法士

作業療法士

作業療法士の仕事の内容

さまざまな作業を通じて心身機能の回復をサポート

 身体が不自由な人や精神に障害のある人をさまざまな作業を通じて治療、訓練し、社会復帰ができるように手助けするのが、作業療法士だ。
 作業療法士は、医師から処方せんを受けとり、患者の症状に合わせたプログラムを作成する。そして、木工、革細工、陶芸、手芸、絵画、書道、レクリエーションなどの作業を通じて、訓練、指導を行い、患者が日常生活をスムーズに送れるように心身機能の回復を図る。
 理学療法との違いは、理学療法が歩行など基本動作の回復に重点を置いているのに対し、作業療法は応用的動作や社会的適応能力を引き出すことを目的としている点だ。

作業療法士の働き方と生活

勤務時間は規則的だが職場によっては休日出勤も

 主な勤務先は、総合病院、リハビリテーション施設、精神科専門病院、身体障害者更生援護施設などだ。そのほか、保健所などに勤める人もいる。勤務時間は、医師や看護師に比べると規則的だが、状況によって勤務時間は異なる。就職後も知識と技術向上のため、研修会や講習会などへ参加する機会が多い。

作業療法士にふさわしい人

患者の心をくみとる洞察力も大切

 作業療法士には、身体の仕組みだけでなく、人間の心理面にも通じ、患者の立場から考えられることが必要だ。また、患者と一緒になって作業ができる器用さや、わかりやすく作業を教える説明力、そして新しい発見を実際の治療に生かす応用力も求められる。
 長期のリハビリテーションが必要な患者も多いので、包容力や忍耐力、説得力、計画性があることも条件と言える。

作業療法士の収入、資格

収入 …  平均給与 約28万円(2016年厚生労働省調査)

必須資格 … 作業療法士

作業療法士に必要な資格が取得できる大学を検索

作業療法士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

作業療法士の将来展望

リハビリの専門家として期待が高まる

 障害者や高齢者の増加に伴い、リハビリテーション療法の充実が切実に求められている。リハビリテーションのスペシャリストとして、作業療法士には高い期待が寄せられており、将来性の高い職業と言える。
 また、これからは訪問作業療法や地域での医療、保健活動などでも活躍が期待されている。

作業療法士にはこうすればなれる

養成課程のある学校への入学が第一歩

 作業療法士になるためには国家試験に合格しなければならない。受験するためには、作業療法学科など養成課程のある大学や短大、都道府県知事が指定する作業療法士養成施設で3年以上、必要な知識と技能を修得することが必要だ。養成機関は、2017年現在、大学・3年制短大・専門学校などを合わせると約190校ほどある。国家試験の合格率はここ数年80%前後である。

作業療法士 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ